ヨーロッパとコモディティをスルーしたい人向け投資信託+ETF

2016年9月28日

今の世界を見てアセットアロケーションを考えたとき、ヨーロッパの株式を除外したいとは思いませんか?俺は除外したい(^^; 経済指標を見る限り、消費や失業率は悪化し続けています。でも、株価は底値から結構騰がっているので、イマイチ魅力を感じませんよね。

それから、ブラジルとロシアはコモディティに大きく依存しています。ブラジルは景気対策のため通貨安政策を進めていて、ブラジルの通貨レアルは大きく下がっています。ロシアは天然ガスを輸出していますが、シェールガス革命が進んで天然ガスが暴落していることを考えると、チョット長期で買う気にはなれない。エネルギーが将来的に足りなくなると言われてはおりますが、今からそこにベットするのは躊躇します。

更に、金利を世界各国が下げきっている今、債券を買うなんて。。。とんでもない。REITは良いと思いますが、俺は株式だけで十分だと思うのでスルーします。


Earth – Illustration / DonkeyHotey

そんな訳で、日本株式+アジア株式+アメリカ株式+世界小型株式というアセットアロケーションが良いのではないかと考えております。比率はお好みで。効率的フロンティアは使いません。過去の値動きで未来を説明できるとは思えないほど、世界は動いているので。

★アジア

まずはマネックスの新米国株式サービスで取り扱っているETFを見てみたのですが、適当なものが見つかりませんでした。アジア+パシフィックでオーストラリアが入っているものはありました。。。けど、オーストラリアもコモディティ色が非常に強いんですよねー。

というわけで、候補は以下の2つです(もし他に良い選択肢を知っているお方がいたらコメントください)

ネット証券専用ファンドシリーズ アジア新興国株式インデックス

http://www.smtam.jp/fund/detail/_id_167/

三井住友トラスト・アセットマネジメントさんのファンドです。純資産が3.75億円(!)しかないのが非常に気がかりです。。。頑張って頂きたいところ。信託報酬は2012年4月に値下げされて0.63%なので安いと思います。もう少し売れても良いはず。取り扱っているのは、SBI証券・カブドットコム証券・マネックス証券・楽天証券です。

iシェアーズ® MSCI エマージング・アジア・インデックス ETF (2802)

http://jp.ishares.com/product_info/fund/overview/SEHK/2802.htm

香港のETFなので、海外株式扱いになります。海外株式の特定口座使えるようになれば。。。確定申告のことを考えると躊躇してしまいますよね。取り扱っているのは、SBI証券・マネックス証券です。

★アメリカ

アメリカへの投資は選択肢が豊富です。

国内ETF

  • 1546 (NEXT FUNDS)ダウ・ジョーンズ工業株30種
  • 1547 上場インデックスファンド米国株式(S&P500)
  • 1557 SPDR S&P500 ETF
ただし、けっこう流動性が低いことに注意が必要です。一日の売買代金が数百万とかふつうにあるので、まとまった額を一度に購入/売却しようとすると、自分の取引が売買価格に大きく影響する可能性があります。

国内ファンド

結構信託報酬が0.7245%と微妙に高いです。上述のアジアファンドより高い。あまり売る気ないのかも。

海外ETF

  • VOO バンガード・S&P 500 ETF
  • IVV iシェアーズ®・コア S&P 500 ETF

バンガードとiSharesです。有名どころですね。

★世界小型株式

  • バンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)スモールキャップETF (VSS)

「世界」なので、ヨーロッパやロシアやブラジルも含まれているのですが、まー細かいことは気にしない!アメリカはS&Pかダウでポジションを取るので、米国のスモールキャップETF (VB) は入れません。小型株アノマリーは是非狙って行きたいと考えております。

 

こんな感じです。実際にポートフォリオを組んだらまた記事を書きます。