株式会社を設立する意義とは?

<新版>らくらく株式会社設立&経営のすべてがわかる本 | 東京シティ税理士事務所, 山端康幸, 石渡芳徳, 菊地則夫, 村岡清樹, 石井力 |本 | 通販 | Amazon

会社の種類としては、株式会社や合同会社などがあります。また、かつては有限会社の設立が認められており、現在も複数の有限会社が存続しています。こうした会社の種類の中で、最もメジャーなのが株式会社です。では、株式会社を設立するメリットは何なのでしょうか。

株式会社はその名の通り、株式を発行している会社です。株式を発行する際には、株式を購入したいと考える投資家から資金を集めることができます。そのため、株式会社には、銀行借り入れのみならず、株式調達という資金調達方法があります。資金調達の選択肢が広がるのです。

また、株式会社では、企業価値を向上させることにより株価が上昇した場合、株式の保有者は利益を得ることができます。創業メンバーで株式を一定程度保有しておけば、企業が大きく成長した際に株式を上場し、市場で売却することによって大きな利益を上げられるチャンスが生まれます。株式を保有していることは、企業価値を高めるインセンティヴにもつながります。社員のやる気を引き出すための方策として、ストックオプションの付与が行われることがあります。ストックオプションとは、自社の株式を一定価格で購入する権利を指します。したがって、株価が上昇した際にストックオプションを行使すれば、市場価格よりも安い価格で自社の株式を購入できることから利益を得られます。ストックオプションの発行は、株式を発行している企業、すなわち株式会社しか行うことができません。

株式会社のメリットとしては、信用力が高まることも挙げられます。株式会社という用語は多くの人に取ってなじみがあることから、合同会社や合名会社などのあまり聞きなれない形態よりも信用されやすくなります。また、上場するなどして株主構成を多様化している株式会社では、経営戦略やコンプライアンスなどに問題がある場合には株主からの指摘を受けることがあるので、会社の運営が暴走しないように歯止めがかかりやすくなります。