アベノミクスで資産が4倍になりました 2013年総括(1)

2019年10月5日

いやー2013年は株価がよく上昇しましたね。なんせ、TOPIXが年初比+51.5%、JASDAQ指数が年初比+83.0%だってんですから、アゲアゲっぷりが半端じゃありませんでした。2014年もまた同じくらいあげてくれると非常に嬉しいのですが、まーこんだけ上がる年には二度と巡り会えないかもしれません。そういう意味では、今年の相場にある程度の種銭を持って参加できたこと自体が幸運だったと思います。

2013年の資産運用パフォーマンスの推移が以下のグラフです。

2013年運用パフォーマンス

年初から+300%ということで、本当にラッキーでした。7月にスコーンと上がっているのはアドウェイズでがっぽり利益が出たためです。買値から3〜4倍くらいになりました☆その後年末にかけてさらに3〜4倍になっているので、そのまま持っていたらテンバガー。。。でも、そんな握力は持ち合わせていないっす。後悔はありません。あのとき売らないという選択肢はなかったなぁ。

なお、上記のパフォーマンスには、日本株式の他にFX・CFDの利益も含まれています。FXはドル円ロング、CFDはドイツ株式インデックスで主に利益が出ました。

次に、銘柄ごとに2013年トータルで買ったか負けたかを計算してみたところ、以下のようになりました。

  • 取引銘柄総数 273
  • 勝ち 109
  • 負け 42
  • トントン122
  • 勝率 40%
  • 勝率(トントンを除く)72%

銘柄数273というのは、個人の兼業投資家にとっては多すぎるかもしれません。でも、勝率はそこそこ良いですね。。。来年も、今のスタンスを維持しつつ投資・投機をしていきたいと思います。