Google先生からハブられたときの傾向と対策

2015年11月8日

お久しぶりです。ここしばらくブログ記事を書く気力がなくなっておりました。やる気がなくなってしまった原因はアクセス数の減少です。下の図は訪問者数の推移グラフなのですが、ある日を境にして急激に減少しています。その後は、急に増えたり、急に減ったりという不安定な感じになっています。

訪問者が減ったのは、Googleで検索したときに俺のブログが上位に表示されなくなったためです。ググってページを見てくれる人が少なくなってしまいました。。。Googleのウェブマスターツールに警告が出ていないかとか、何かページの構成が悪いのではないかとか調べてみたのですが、特に問題を見つけられず。

ブログ訪問者数推移

おそらく、Googleの検索ランキングアルゴリズム変更(パンダアップデート)が原因なのだと思います。俺が書いた記事の質が低いという評価をされてしまっているわけです。

見てもらっていたのを見てもらえなくなると、やる気なくなっちゃいますよね。以前、このブログは自分のために書いているんだという記事をポストしました。「なぜ、自分の資産運用を晒すブログを書いているのか | 。でも、ある程度アクセス数が増えてきた結果、アクセス数がモチベーションに占める割合が増えてしまったようです。まーこれは今後も変わらないと思います。自分のためでもあるし、人に見てもらうためでもある。そんな感じです。モチベーション3.0でいう外発的な動機と内発的な動機ってやつ。

で、やる気が無くなりほったらかしにしていたのですが、久々にページビューを見てみたら回復してました。理由は不明。結局、Google先生の怒りにふれたのが何だったのか今でもよくわかりません。なので、Google先生からハブられて、原因を調べたけどわからないときは、スパッと更新をやめてしまいましょう。もしくは、アクセス数なんて気にせずブログの更新を続けましょう。

あまり深く考えず、更新を少しずつ再開します。ちなみに、12/9の更新は、ずっと前に投稿予約をしていた記事が表示されるようになっただけで、実質的に更新はしてないです。

年末の株式相場ですが、税制変更前の利益確定売りが終わり、大納会に向けて株価上がってますね。アメリカはテーパリング開始、日本は異次元緩和、ヨーロッパは景気底打ち、イコール円安ドル高ということで、引き続き来年も株価上昇を期待しております。