為替の動きを予測する仮説・指標(0)為替レート

2015年11月8日

為替レートとは、通貨の交換レートです。ドル円レートであれば、何円と1ドルを交換できるかを表しています。ドル円が100円であれば、100円と1ドルを交換できるということになります。

国々の通貨は為替市場で交換取引がされています。投機対象としては、非常に流動性が高く、参加するプレイヤーも多いことが特徴ですね。個別株式は、ストップ安で売れなくなったりする銘柄が頻繁にありますが、為替はなかなかストップ安なんて起こりません。もちろんストップ安が起こらないということではなく実際に、1997年にはアジア通貨危機が起こっていたります。まぁ、通貨危機なんてイベントは10年に一度とかしか発生しないので、流動性リスクは小さいです。

さて、参加者が非常に多いということは、他人を出し抜くのが大変だということです。日本だけでなく、世界の人々が自分の持つ資産を維持・活用・増殖するために通貨を交換しています。自分がイメージしている為替の未来と同じ考えの人は沢山居ると思います。そんな中、自分の相場観でポジションを張って、果たして本当に利益を上げられるのでしょうか?

投資・投機は、価格が上がる・下がる・暴騰する・暴落するの4択くらいなので、適当に選んでも1/2の確率で勝ち、1/4の確率で大勝ちします。自分が儲けた利益って偶然ではないでしょうか?

という不安はありつつも、ある短い期間の動きであれば50%を上回る確率で上昇・下落を予測できるチャンスがあるかも。とか、半年から数年スパンで平均への回帰を狙ったら勝てるかも。とか、色々夢を見つつ、外為市場の為替レートを予測する勉強をしたいと思います。まー為替を予測する人なんて腐るほどいるので、難しいとは思いますがね。。。株式投資をするにあたり、知識として持っておいて損は無いのではないかと。