自分が参加しているゲームはゼロサム?プラスサム?マイナスサム?

2015年11月8日

株式投資という仕組みは利益を生みます。投資した会社が利益をちゃんと出し続けられれば、株式に応じて生まれた利益を手にすることが出来る。でも、株式会社は毎日利益を生むというよりは、数ヶ月や1年などのまとまった期間をかけて利益を生み出します。

もし株式を昨日買って今日すぐ売ったとしたら、そのときの買値と売値の差には、会社の利益はほとんど影響していません。もし株式を昨日買って1年後に売ったとしたら、そのときの買値と売値の差には、会社の利益が大きく影響します。株式は利益の一部を貰える権利なので、会社の業績が良いか悪いかによって株価は変わってきます。

株式を短期間で売買した場合、会社が利益を生み出すには時間が足りません。そういう売買で勝負する場合、株式投資はゼロサムゲームになります。すなわち、自分が得したら誰かが損しているし、自分が損したら誰かが得しているということです。株式市場に参加している人全員の利益と損失を合計するとゼロになる、というのがゼロサムゲームです。他人を出し抜くことで利益が得られます。(実際には、証券会社に手数料を取られるため若干のマイナスサムゲームになります)

株式を長期間で売買した場合、会社は利益を生みます。この場合は、株式市場に参加している人全員の利益と損失を合計するとプラスになります。これは、会社が利益を生み出した分だけ、株価が高くなるからです。会社が儲かっていれば、「投資して得られた利益の一部を貰う権利」の値段は上がりますよね。プラスサムゲームです。会社の事業が生み出す利益が成長することにより利益が得られます。

ただし、長期間で売買をした場合に、会社は損失を出す可能性もあります。リーマンショックで不況になってモノが売れないとか、地球の人口が増えて原材料の値段が上がって製品を売っても利益が出ないとか、色々ありますよね。業績が右肩下がりで、未来が見えない。この場合はマイナスサムになります。株式市場に参加している人全員の利益と損失を合計するとマイナスになるという恐ろしい事態です。

自分はどのゲームに参加しようとしているのでしょうか。